目抜き通りを歩きたい。

映像を作る大学生の雑記。 映画のこととか、映像のこととか、どうでもいいこととか。

相棒17 5話 「計算違いな男」

相棒17「計算違いな男」感想です。

 

次回予告の段階では、「天才物理学者VS特命係」な~んて触れ込みだったんで、一端の物理学徒としては楽しみにしてたんですが…開始10分程度で何かおかしいぞ、と。

 

殺す相手は間違えそうになるわ、「第二恒星」のことを考えていて上の空で第二ビルと第三ビルは間違えるわ、自分で仕掛けたブルーシート(踏むと感電死する)に引っ掛かりそうになるわ、証拠はホワイトボードにいっぱい残しちゃうわ…。

なんともドジというか「計算違い」な星野さんでした。

 

序盤20分、ひたすら特命に邪魔されるのと何度も想像上で殺される金髪若月、っていうのもなかなか見ていて面白かったんですけどね。

後半へのベクトルの切り替え方は完ぺきだったんですが、ややトリックetc.に物足りなさというか不安感も。いや現場検証の時階段落ちんかったんかい、とかね。捜一乗っちゃってるじゃん…。

 

星野さんのキャラクターは大変味があってよかったです。大学にいっぱいいるもん、ああいう人とか先生…。1つのことを考えてると完ぺきに意識がどっかに飛んでっちゃう人。脳内の独り言がとにかく多い人(たまに脳内じゃない人もいる)。

 

小ネタとしては

・「ジャングルでカメレオン」にこだわる冠城くん

・「お言葉ですが」に一瞬脳裏をよぎる二代目

・久々に本来の職務(雑用係)を思い出した冠城くん

・一緒にランチに行きたい青木(このあと冠城くんに忘れられて恨みポイント1Upに2万)

・流れ星にお祈りするロマンチスト冠城

といったあたりでしょうか。

 

比較的軽めに見られる相棒でしたね。先週との温度差よ。そのふれ幅がタマラナイ。

 

さて、来週は久々に弁護士松尾諭登場です。やったー。

で、西田尚美さん。LIFEで体張ってるイメージが強すぎてちょっと心配。コンテンポラリーダンス…。

相棒17 4話「バクハン」

さて、相棒17「バクハン」の感想です。

次回予告の段階では、「角田課長と決裂」とか、真野脚本だったりとか、正直「陣川という名の犬」が前科として存在している以上怖かったのですが、いざ見てみると冠城相棒となってからのベスト3にはいるであろう神回でしたね。

 

相棒の中でも良回となりやすい暴走する右京とそれに対する相棒の葛藤、というのが大筋ではありますが、今までの相棒の中でも冠城君は一番大人な立ち回りをしたな、と思いました。

右京さんを信じ、暴走したとしてもついていった亀山君、

暴走する右京さんを全力で止めようとした神戸君、

右京さんについていこうとして道を誤ったカイト、

そして暴走する右京さんを冷静に分析し、うまいこと立ちまわってサポートした冠城。

 

ま、冠城君のことですから「僕は残ります」といったあたりから「特命係劇場」が始まっているのかな~とは疑っていましたが、予想以上の裏で活躍レベルでした。

「自分の意志で踊る」冠城くん、なかなか恐ろしい男です。

ここまで右京さんと対等にやり合える人はいなんじゃないでしょうか。

彼と右京さんが本気で対峙すると…と思うと恐ろしくて夜も眠れない。

 

また、真野脚本らしく「滑川」さん、「今夜のキングは俺様だ」とかサイドキャラの活躍とか、大河内さんもちゃんと仕事してたし、最後にすべてをかっさらっていったシャブ山シャブ子17歳とか、とにかく密度も濃かった。満足です。

相棒17 3話 「辞書の神様」

だいぶ遅れてますが、相棒17「辞書の神様」感想です。

 

出ました。相棒あるあるシリーズのうちの一つ、「すごいプロフェッショナルだけども変人」な人の回。

でもって、だいたい右京さんがその人のファン。

今回も「ファンです!」と嬉しそうにしていました。あのシーン、完璧に不審者でしたが。

冠城くんが警戒するのも無理はないですわ。

 

からの「まじまんじ、君分かりますか?」「意外とおじさんですね」まで。

口当たり軽めの、いつもの相棒って感じで安心して見られました。

相棒では初めての脚本家さんでしたが、冒頭の

冠城「深いなぁ~」

芹沢「わかるわ~俺も警察に憧れて島根から…」

とか、

「吸引力の悪い掃除機」

とか、辞書の神様というだけあって台詞の使い方が素敵でした。相棒ワールドがしっかり構築されていましたよ。

 

辞書の神様の周囲の皆さんとの師弟関係?も素敵。

たとえその人がどれだけ変人で手がかかったとしても、その人の仕事のすばらしさと情熱に敬意を示し、最期まで付き合おうとする姿勢。ラストの辞書をみんなで囲むシーンですごくほっとしました。

 

 

さて、3話の感想を今頃アップしていますが、要するにですね、シャブ山シャブ子17歳、見てるんです。久々に真野脚本の良さが光る良回でしたね、

いろいろ語りたいところですが4話についてはまた明日改めて。ではでは。

「バーバラと心の巨人」

バーバラと心の巨人」見ました。

 

ハリー・ポッター監督のクリス・コロンバスが製作を務めた、人気グラフィックノベル「I kill giants」の実写化映画です。主人公バーバラを演じるのはマディソン・ウルフちゃん。

 

風変わりなメガネっ娘バーバラは、いつか襲来する「巨人」を倒す、という使命を胸に罠を仕掛けたり防御用の魔法陣的な物を描いたり、自作の(!)なんだかスピリチュアルな望遠鏡で鳥(予兆を示すらしい)を観察したりと学校の生活そっちのけで忙しい日々を送ります(むしろ学校の中にも魔法陣とか描いちゃってる)。頭に付けたウサ耳は守護霊への畏敬の念だそうで。

で、そんなもんだから学校で友達も出来ず、働いて一家を支えながら家事をこなす頑張りやの姉にも呆れられる始末。そんな彼女にも初めての友人ができます。イギリスから転校してきたソフィアです。また、新しく赴任してきたカウンセラーの先生もバーバラに興味を示します。

そんな中、巨人の襲来の時は着々と近づいていて……。

 

といったストーリーです。

 

 

めっっっっっっちゃめちゃ泣きました。夜の上映で5人くらいしかいなかったけど、めっちゃ泣いてしまった。バーバラと巨人の対決シーンからもうずっとボロボロ泣いてた。

バーバラ、頑張ったね……大丈夫、君は自分が思ってるよりもずっと強い。だからきっと、大丈夫。

 

 

 

【以下ネタバレ注意】

 

 

 

 

 

 

 

邦題!!邦題と日本版ポスター!!!!!

「心の巨人」って言っちゃってる時点でけっこうなネタバレじゃん!!バーバラの空想上だと思わせないくらいリアルで迫力のある前半の展開からのラストが泣かせどころなのに!!!!!!!!!

 

…すみません、すこし取り乱しました。でもこれは本当。

 

バーバラ、風変わりで自分は人とは違う、そう思いこむことで、運命に折れそうな自分を強くしていました。それが端から見たらクレイジーなのもわかった上で。でも、そうするしか無いときってあるんですよね、あの年頃の女の子には。彼女ほど厳しい運命に置かれてなかったとしても、自分で逃避してると自覚があるときでも、逃げるしかないときが。

 

で、周囲の人々(姉、ソフィア、カウンセラー)にそれを気づかれ指摘されても、自分では分かっていないふりをする。そうしてなんとか自己を保ってきた彼女ですが、逃避先である巨人から「狙っているのは母親ではない、お前だ。」と自身の逃避と弱さ、そして自分が戦っていたものが母の死ではなくそれによる自身の悲しみだということをを指摘されてしまいます。

 

それでも「だとしてもあなたを殺す」と乗り越える決意、強くなる決意をしたバーバラ。

いつか必ずやってくる悲しみを倒し、乗り越え、それと共に生きる決意をしました。巨人はバーバラに「大丈夫だ、お前はお前が思っているよりも強い」と声をかけます。

この辺で涙腺決壊。

 

この後の展開は語ると無粋になりそうだし泣きすぎた、としか言えないので割愛…。

 

バーバラ、頑張ったね……。と暖かい気持ちになれる素敵な映画でした。

相棒17 2話「ボディ 二重の罠」

先週に続いて拡大スペシャルだった相棒17第2話、ボディ後編。

第1話で組み立てた話を綺麗に折りたたみつつ新しい一面を出し、安定感のある相棒を見せていただきました。

ネタバレ防止のため詳しいあらすじは書きませんが、以下数点好きな個所を。

ややネタバレもあるかも、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

「離れを壊せば死体が出てくる」

正確には「離れを壊せば(建て直すときに死体を埋めるだろうから)出てくる」でしたね。工事現場の作業員さんの責任で掘り起こしてもらったところヒット。

「コンクリートと一緒にまた現れた」っていわれてましたし特命係は半分建築業者じゃないでしょうか。

で、にしてもこんなにあっさり死体出ちゃっていいの?あと50分くらいあるよ?と思ったら死体には外傷はなく死因は窒息死、と。そうきましたか、後編でも風呂敷を広げていくあたり流石相棒。

 

したたかな女たち

フォトスの風間さん、三上女史に加えあのお方までしたたかでした。怖い。

ちなみに相棒ワールドしたたかな女ツートップこと雛子さんと社広報課長は今シーズンは出ないのでしょうか?ラムネ監察官はさっそくのご登場でしたが。珍しくちゃんと仕事してた。

 

マイペース特命

今回も今回とてマイペース特命。

「そっちこそ話を聞きなさい!」と最強のブーメランを放つ右京さんにロマンチスト冠城。ロマンチスト。大事なことなので2回言いました。

お屋敷の中で絵を見まくったり、残務処理と称してイタ電したり、挙句の果てには小動物探し大会。益子さん(鑑識の方です)の「確かにアライグマの毛だよ、だから何だよ…」という困惑もごもっとも。そういえば益子さん、だいぶ特命になじんじゃってますね。

 

顧問弁護士のクセが強すぎるんじゃ

いやマジで。あのやる気のない何とも言えない脱力感。

「mmmmムムムムム無理だな…」。アライグマ探し手伝ってくれるし。

今回のみの登場にするにはもったいなさすぎないか?

 

捜査一課大活躍(?)

いやいやいや。出張事情聴取(特命に先回りされた)と夫婦げんかの仲裁くらいしか記憶にない。ま、いつも犯人を名指ししてから呼ばれることも多いから、今回は最初の「アライグマを捜す会」から呼んでもらえたしいっか。最後三上女史が呼び止められた時がひょっこり芹沢だった。

ちなみに今シーズンはカットされなければ伊丹さんの部屋が映るらしいわよ奥さん、

 

アライグマを飼うことは法律で禁止されています

最後のテロップにアライグマ登場回限定のテロップが追加(笑)。

アライグマは犠牲となったのだ…合掌。

 

マジ卍

 

次回予告で全部持ってかれた。

「『まじまんじ』、きみ分かりますか?」なんて台詞が右京さんの口から出るとは。

分からなくて「きみ、意外とおじさんですね」と言われてしまう冠城くんも。

ちなみに先の「まじまんじ」の後、予告編だと伊丹さんの「めった刺しだな…」という音声が入るため、伊丹さんの中では「まじまんじ=めった刺し」ってことになる。うわぁ物騒な人。

【ネタバレ有り〼】(生)林檎博’18 ー不惑の余裕ー【後編】

昨日に引き続き不惑の余裕、主に児玉監督による映像演出についての感想です。

セトリネタバレありなので御注意を。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

17:東京は夜の七時(HUMAN ERROR ver)

まさかこれをやってくれると思わなかったランキング圧倒的1位。でもすげー嬉しい……。1日目ならマジでだいたい7時だったと思う。

浮雲さんは映像のみのご出演でしたが、彼の映るモニターに最初に表示された「U-G sound only」の表示が超スタイリッシュ。

バックスクリーンはサイドが浮雲さん、メインが夜の東京。やや2016紅白味。

 

18:長く短い祭

浮雲さんを召還した以上、これはやらざるをえないですよね……。

バックスクリーンは「天上天下繋ぐ花火」。サイドに中継。


19:旬

映像は特になし。

ストレートに林檎さんの歌声が美しすぎる。


20:恋の呪文はスキトキメキトキス(アニメ「さすがの猿飛」主題歌)

か わ い い ! ! ! !

バックスクリーンは大きな林檎のネオンの前に「スキトキメキトキス」の文字が輝く感じ。素敵。


21:ちちんぷいぷい

私的一番聞きたかった曲。生オケで聞くちちんぷいぷい、最高に艶っぽくて最高にクール。

映像は前曲の文字チェンジ。シャゼム!とリンゴ!が歌詞に合わせて点滅。


22:獣ゆく細道

滅茶苦茶聞きたかったけど聞けると思ってなかったランキング1位。

メインスクリーンはグワングワン暴れながら歌う宮本浩次様。PVにもあった正面の顔アップがずっと続きます。格好いい。

で、サイドが林檎さん中継。後ろの宮本浩次様が一緒に映り込むのがなんかオーラとかスタンドとかそういう感じに見えちゃう(笑)。

 

23:目抜き通り

デュエット続きか~…なんて思ってたらトータス松本御本尊降臨。御本尊ですよ。超イケオジだった。本人登場に会場もめっちゃざわめいたし、林檎さんは「ようこそいらっしゃいませ!」とニッコニコで上機嫌。トータス松本さんも「静岡~!」とノリノリ。

ラストサビで2人して立ったり座ったり。向かい合わせで歌ってとにかく嬉しそうな林檎さんが最上級に可愛い。

スクリーンはメインでいつもの「目抜き通り(トータス松本関連ワードも入ってた~)」、サイドで2人の中継。


24:ジユーダム

スクリーンの映像が自由ofジユーダム。

オープニングみたいなモーショングラフィックもあったし、「支点力点作用点」では林檎と林檎さんでてこの原理の解説が(笑)。

「ガッテン」では某ガッテンのお二方がサイドスクリーンに……(笑)。

ちなみにこの曲の前のMCが目抜き通りからの流れで最高に可愛かった。

 

 

-アンコール-
25:はいはい

和装でおずおずと出てこられた林檎さん。

何をやるのかしらんと思ってみればはいはいでちょっと吃驚。好きですよ。ギラリズム十七、八男子。

映像は特になし。


26:夢のあと

ラストしっかりしっとり締めてくださいました。

映像はなんか流体金属?的なのがうねうね丸くなったり棘が出たり。


-ED BGM-
丸の内サディスティック neetskills remix

エンディングムービー、超超超格好良かった。

ダンサー2人を従え踊る林檎さんwithサングラス。所謂サイドのダンサーを倒さないと林檎さんにダメージが与えられないラスボス仕様。

僧もダンスしてたのですが、(the児玉監督っぽい遊び方)、ひょっとしてあのお坊さんは熱愛発覚中の……?(分からない)なんて思ったり。

 

 

 

 

兎にも角にも、林檎博の名にふさわしい椎名林檎人生博覧会アニバーサリーライブでした!これから大阪・さいたま・福岡の方楽しんで!

【ネタバレ有り〼】(生)林檎博’18 ー不惑の余裕ー【前編】

不惑の余裕、セトリ演出ネタバレあり感想です。主に児玉監督による素晴らしき映像演出について詳しく。

 

静岡エコパ21日に参戦してきました。

席はアリーナ35列。ステージの見え方はまぁまぁですが、バックスクリーンは最高によく見える。演出を楽しむにはベストと言っても良いかもしれないお席でした。

 

以下セトリに合わせて1曲ずつコメント。

 

 

 

 

1:本能(Mummy-D ver)

初っ端にふさわしくガツン!とキマってました。Mummy-D verも嬉しいサプライズ。

前半はサイドスクリーンでステージ(主にMummy-D)、メインスクリーンでダンサーさんが映し出されます。このダンサーさんの映像がストレートな撮り方なんですが滅茶苦茶格好いい。で、満を持して椎名林檎様御登場。神々しさが半端じゃない。


2:流行

ま、このノリならそれやるよね。

サイドスクリーンでステージ中継です。

モノクロの落ち着いたトーンでクール。


3:雨傘

疾走感がものすごい序盤です。

雨のようにカラフルな線がステージに降り注ぎ、下で雨粒となって跳ねる。そのシンプルな動きのはずなのにゴチャゴチャした映像が雨傘とベストマーッチ!

サビで雨の中を駆け抜けていく、みたいな動きをするんですが、スピード感がすぎょい。

 

4:日和姫

雨傘の勢いを受けそのまま日和姫に雪崩れ込みます。ステージ中継が後ろのグラフィックにオーバーラップして、もうどうやってるんだろう…?って感じ。システムが知りたい。


5:APPLE

オープニング。タイトルロゴとかとにかくモーショングラフィックの嵐。5秒位のが次々出てくるので一瞬も目を離せないし一個一個のクオリティがとにかく高い。タイトルロゴのグラフィックだけで何種類あったんだ、あれ…?DVDでちゃんと見たい箇所ランキング圧倒的1位。


6:MA CHERIE

主にステージ中継。ヒイズミマサユ機と鳥越さんがエロすぎる。始まりと終わりは曲にあわせて鏡。


7:積木遊び

工場のベルトコンベアー的なシンプルグラフィックに「丸い四角の上に三角」が乗る。

サビがテトリス。そこもしっかり積木。


8:個人授業(フィンガー5バー

映像は特になし。林檎さんが歌うとめっっちゃ可愛い。


9:どん底まで

映像は特になし。最the高。


10:神様、仏様

映像は冒頭はPVであった雷と靄的な。

後半、ダンサーさん&林檎さんが姿を現して以降はバックは中継(だった気がする)。


11:化粧直し(インスト)

林檎さん化粧直しタイム。ダンサーさんがグッズの傘で踊るのがステージ中継。イレブンプレイの皆様本当にお可愛らしい……。

 

ここで、黒猫堂、若女将は5歳!から「母の博覧会への御来場ありがとうございます」とご挨拶。天使。


12:カーネーション

無理ですよ若女将からのカーネーションは……泣いたよ……。

映像もなかなかすごい。中継でPV再現。スクリーン左は月と丘、右側でオーケストラを映し、中央に林檎さん。とてもキラキラしていた……。


13:ありきたりな女

映像は特になし(だった気がする)。

この流れは完璧。


14:いろはにほへと

バックスクリーンはカラーチャート?色見本?的なモノが整然と並んでいるのですが、それだけでなんでこんな格好いいの……?歌詞に合わせて青系になったり果実色になったり。サビはカラーチャートから筆の筆跡みたいのが流れ出し画面内を縦横無尽。

で、PVであの煙と竜のシーンはその筆跡の動きで再現。どうしたら思い付くんだそんなこと。

 

15:歌舞伎町の女王

歌舞伎町の看板とかネオンサインが林檎さん関連の文字、写真に。目抜き通りとか静かなる逆襲のスクリーンの歌舞伎町版というべきか。

いろいろなアルバムタイトルとかワードが紛れ込んでるのでウォーリーを探せ的にも楽しめそう。


16:人生は夢だらけ

歌舞伎町の女王の次に持ってくるのがズルい。椎名林檎様の人生を見ているようでした。

 

ここでだいたい折り返しです。

残りはまた明日。